Cマックスローションは色素沈着にも効果ある!?

Cマックスローションは色素沈着にも効くの!?

Cマックスローションは色素沈着にも効果的!?

 

Cマックスローションですが、

本当に、色素沈着にも効果はあるのか?

 

ビタミンC誘導体だから効果があるというなら、

他にもビタミンC誘導体はありますよね^^

 

なぜ、Cマックスローションの評価が高いのか?

なにが色素沈着にいいのか?

 

書いてみたいと思います^^

 

ビタミンC誘導体ははその種類を選ばなければ効果はない!?

Cマックスローションは色素沈着にも効果的!?

ビタミンC誘導体には色々な種類があり、

それぞれの性質に違いがあります。

 

そのため、「ビタミンC誘導体だから効果が高い!」

一概には言えません。

 

特徴を知って使用することが、色素沈着を薄くする早道です^^

 

今ある色素沈着を薄くする化粧品の成分とは?

Cマックスローションは色素沈着にも効果的!?

 

  • ビタミンC誘導体:強い抗酸化作用があることで知られるビタミンCを誘導体化して安定させ、肌への吸収率を高めた成分です。
  • ハイドロキノン:消しゴムとも言われるほど美白効果が高いだけでなく、メラニン生成も阻止してくれる優れものです。

 

今ある色素沈着を薄くするためには、

未来の色素沈着を予防するだけの成分では、

薄くすることは出来ません。

 

メラニンを抑制する成分は、他に色々ありますが

今ある色素沈着を薄くできる成分を

しっかり肌に与えてあげることが最も重要。

 

そこで、この二つの成分、

ビタミンC誘導体とハイドロキノンがおすすめなんです。

 

皮膚科で多く使用されている水溶性ビタミンC誘導体には、

リン酸アスコルビン酸3Na、リン酸アスコルビルNa、

リン酸アスコルビルMgなどのリン酸型ビタミンC誘導体があります。

 

一般的には、ローションやクリーム、ジェルなどに配合されています。

 

水溶性ビタミンC誘導体には、

リン酸型、硫酸型、グルコシド型がありますが、

 

人間の皮膚でビタミンC誘導体から

ビタミンCに多く変換されるものはリン酸型のみです。

 

残り二つのなかで特にグルコシド型は、

人間の皮膚には少量しかない酵素で変換されるので、

肌に塗ってもほとんど変換されず、

誘導体のままで効果はありません。

 

化粧品の主成分に『グルコシド型ビタミンC誘導体』

と記載されているものは要注意!

 

これが理由で、リン酸型ビタミンC誘導体が、

皮膚科で使われているんですね。

 

ビタミンC誘導体は色々ありますが、

有効なものとそうでないものがある事は覚えておいて下さいね^^

 

対して、ハイドロキノンはまるで消しゴムのように言われるほど

色素沈着に優れた効果をもたらせる成分です。

 

それなら、「ハイドロキノンの方がいいのではないか?」

と思われがちですが、

このハイドロキノンは肌に刺激があります。

 

人によっては、アレルギーを起こしたり、

塗布することで真っ赤になることもあります。

 

配合率が高ければ高いほど、効果も高いのですが、

それに比例して刺激も強くなるという一長一短の特徴があり、

部分的には使えても顔全体には使えないというデメリットも。

 

色素沈着している部分以外には、

塗布できないのです。

 

色素沈着していない部分に塗布してしまうと、

皮膚の色素が抜けて、

皮膚の色が部分的に白くなったり薄くなったりする、

白斑(はくはん)になる可能性があります。

 

正式名称は「尋常性白斑」。

 

症状は、白くなる部分と正常な皮膚の境界線が

ハッキリしていることが多く、

白斑同士が合体し大きくなることもあります。

 

こうなってしまうと、顔の肌色がムラムラに。

 

色素沈着しているその部分のみに、

上手に使えば確かに効果は高いのですが、

どうしても他の部分にもついてしまうという

デメリットも否定は出来ません。

 

 

Cマックスローションが色素沈着に効果的な理由

 

ビタミンCのもつ還元作用と酵素阻害作用により、メラニン色素の生成を抑え、日焼け後の炎症やシミを抑えます。シミを予防するならビタミンAもおすすめですが、すでに色素沈着をおこしてしまっているシミを改善するにはビタミンCが最適です。

(引用:スキンケア大学)

 

こちらは、スキンケア大学の引用ですが、

すでにある色素沈着にはビタミンC。

 

そして、シミ予防をするなら

ビタミンAがおすすめとあります。

 

もともとビタミンC誘導体は、

肌に浸透すると、メラニン色素の生成を抑制し、

色素沈着を防いだり、

すでにできてしまったシミやそばかすを消したり、

薄くしたりすることができるといわれています。

 

この美白効果の他にも、

肌のハリを保つコラーゲンを増やす働きもあるという、

ビタミンC誘導体にはすぐれた美肌効果が豊富にあるんですね^^

 

Cマックスローションに配合されているビタミンCは、

皮膚科で使用される信用性・安全性の高い

ビタミンC誘導体「リン酸アスコルビルMg」を配合。

 

ビタミンCを配合している化粧水は、色々ありますが

ビタミンCをしっかりと肌へビタミンCに変化させ浸透させるのは、

ビタミンC誘導体「リン酸アスコルビルMg」を、

配合しているものということになります。

 

ビタミンC誘導体「リン酸アスコルビルMg」を配合、

肌へビタミンCをしっかり届けることができ、

さらに予防ができるレチノール(ビタミンA)も配合、

それが、Cマックスローションなんです^^

 

ちなみにレチノールの効果は、

硬くなってしまった角質を柔らかくしたり、

毛穴のつまりにも効果的です。

 

それから、真皮層にまで及んでしまった

シワに有効な成分としても知られていて

皮膚のターンオーバーを促進し、

傷んだ細胞を修復。

 

線維芽細胞に働きかけて、

コラーゲンやエラスチン、

ヒアルロン酸を作り出す働きもあります。

 

ビタミンC誘導体だけではなく、レチノールも配合することで、

守りと攻めを同時に行えるCマックスローション。

 

色素沈着を改善するには、

Cマックスローションがおすすめです^^



PS.

実際に私が使ってどうなのか?効果的な使い方は?

など書いていますので、時間があれば読んでみてください^^

➜キャシーズチョイス 「Cマックスローション」 なぜ美容のプロが愛用?口コミ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人のおすすめ美肌商品レビュー・口コミ!

体の中からキレイになる!おすすめサプリメント!

トライアル化粧品関連記事!

肌別関連記事!

最近の投稿

このページの先頭へ