朝洗顔後赤くなる理由と繰り返さない洗顔方法

洗顔後の赤みの理由は自分だった!?

洗顔後赤くなる理由と繰り返さない洗顔方法

洗顔後に必ず肌が

赤くなるという人は

要注意です。

 

赤くなる理由は、

一つではありませんが

自分で赤くなる理由を

作ってしまっている事があります。

 

自分で作ってしまう理由とは、

洗顔方法のまちがいや

洗顔料の選びまちがい

などです。

 

今日は、洗顔後に

赤くならない洗顔料の選び方と

「洗顔後に赤くなる」

を繰り返さない

洗顔方法を書いてみます^^

 

「洗顔後に赤くなる」理由

洗顔後赤くなる理由と繰り返さない洗顔方法

洗顔後に赤くなる理由

として多いのが、

まちがった洗顔方法です。

 

美肌になりたいために、

洗顔は特に念入りにしている

という人は

特に気おつけて

ほしいのですが、

 

洗顔を念入りにする

という事は肌への刺激になる

ということです。

 

念入りに、そして、

自分でも気づかないうちに、

ついつい指先に力が入ってしまう。

 

同じ部位を

なんどもこすってしまう。

 

毛穴が気になる小鼻などは、

おそらくほとんどの人が

念入りにこすってしまう

と思います。

 

洗顔後に毎回赤くなる

という方は、

自分では気づかないうちに

自分で肌に負担をかけている

可能性が高いです^^;

 

それからもう一点、

肌に力を入れてこすっていなくても、

 

ピーリング剤や

肌に刺激の強い成分が

入っている化粧品を

使用する事で

赤くなったり、

皮膚が薄くなること

あります。

 

「ビニール肌」

という言葉を知っていますか?

 

「ビニール肌」とは、

スキンケアによって

角質がはがれてしまい、

 

その下の層にある顆粒層が

むき出しになってしまった

肌もことをいいます。

 

特に顔の中では

頬や鼻が薄くなりやすいのですが、

頬や鼻は顔の中で

出っ張っている部位で、

日焼けなどでも

まっ先に焼けますよね?

 

ですので、

特に頬と鼻は摩擦

(ゴシゴシ洗顔やゴシゴシマッサージなど)

紫外線による刺激を受けやすくなります。

 

皮膚が薄くなると、

今までのスキンケアなどで

せっかく潤っていた水分が失われ、

乾燥肌になります。

 

乾燥肌は、刺激に弱いので、

赤くなったりひどい場合は

炎症を引き起こす原因となります。

 

「洗顔後に赤くなる」を繰り返さない洗顔料の選び方

洗顔後赤くなる理由と繰り返さない洗顔方法

洗顔方法に問題がある場合、

洗顔料と洗顔のやり方

を見直す必要があります。

 

まず洗顔料の見直しから考えます。

 

現在、

使っている洗顔料は

あなたの肌に合っていますか?

 

まず、朝洗顔ですが、

朝洗顔に必要なことは

 

寝ている間にも分泌している

皮脂を落とすことと、

 

前日に使った

スキンケア商品の

油分を落とすこと

です。

 

「朝洗顔は水、もしくはぬるま湯」

ということを

実践されている人も

いるかと思いますが、

それをずっと続けていると

肌がくすんでしまいます^^;

 

そして、

洗顔の代わりの

クレンジング洗顔は、

肌への負担が気になります。

 

そもそもクレンジングは、

メイクを落とすためのものです。

 

確かに油分は落とせますが、

肌に刺激のある界面活性剤を

含むものが多いという事を

考えると朝夜2回の使用は

オススメできません。

 

朝の肌を健やかに保つには、

油分と余分な皮脂の除去だけでOK

なのです^^

 

油分と余分な皮脂で覆われた肌には、

どんなにいいと言われる成分が

配合されたものでも

浸透させることは難しいでしょう。

 

朝洗顔には、

 

  • 寝ている間に分泌される皮脂と前日の化粧品の油分を落とし、肌を清潔にする。
  • 洗顔後のスキンケアの成分をしっかり届ける。
  • スキンケアで整えた肌は、化粧のりをよくする。

 

という役割があります。

 

そして洗顔料は、

前日のスキンケアの残骸の油分、

寝ている間にも分泌される皮脂。

を落とせるもの

 

を選ぶ事が大切です^^

 

 

「朝洗顔後赤くなる」を繰り返さないためには

朝洗顔後赤くなる理由と赤みを繰り返さない洗顔方法

「洗顔後に赤くなる」

という人は、

皮膚が薄くなっている

可能性が高いので、

 

①洗顔による刺激

②肌の乾燥

③紫外線

 

などに注意が必要です。

 

皮膚が薄くなってしまっている場合、

皮膚の一番上にある

角質層を元の状態に戻すことが重要。

 

肌が元に戻ると、

水分を保てるようになり、

本来あるバリア機能が

刺激から肌を守って

くれるようになります。

 

そして「洗顔後赤くなる」

を繰り返さないためには、

 

角質層を健やかにし、

刺激のあるスキンケア商品を

使用しない事がポイントです。

 

繰り返さないための注意点

紫外線防止をする。

刺激の少ない保湿力のある洗顔料を使う。(刺激の強いクレンジングオイルは×です。)

・洗顔の際は、肌をこすらない。

 

肌が赤くなっている状態は、

すでに炎症を起こしている状態です。

 

炎症効果と保湿効果、

そして、

刺激の少ない洗顔料がおすすめです^^

 

おすすめの洗顔料は、

『吸着洗顔』です。

 

吸着洗顔とは、

クレイによる吸着洗顔で

泡ナシ洗顔です。

 

なぜ、吸着洗顔がいいかというと、

 

すべての製品がそうとはいえませんが

泡洗顔は、洗浄力が強い

ものが多いからです。

 

特に、

肌荒れしやすい人すぐ赤くなる人、

敏感肌の人要注意です。

 

こちらの記事で、

この吸着洗顔についての口コミも

書いています。

 

読んでみて下さい^^

毛穴が目立つ!あなたの洗顔は毛穴を開く洗顔かもしれない!?

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

サブコンテンツ

管理人のおすすめ美肌商品レビュー・口コミ!

体の中からキレイになる!おすすめサプリメント!

トライアル化粧品関連記事!

肌別関連記事!

最近の投稿

このページの先頭へ