更年期のホットフラッシュ顔汗で化粧が崩れる!制汗剤の選び方

更年期のホットフラッシュ!顔汗の化粧崩れは制汗剤で?

更年期のホットフラッシュによる顔汗で化粧が崩れる!正しい制汗剤の選び方とは?

更年期のホットフラッシュによる顔汗って

ほんとに困るんですよね^^;

 

私もホットフラッシュには

ほんとに困っています。

 

夏とか冬とか、

まったく関係ないですからね^^;

 

頭と顔の汗が多いのと

それによって

化粧がドロドロになるのが辛い!

 

今日は、

顔汗による化粧崩れ対策、

制汗剤の選び方について書きたいと思います^^

 

そもそも更年期障害ってなに?

更年期のホットフラッシュによる顔汗で化粧が崩れる!正しい制汗剤の選び方とは?

更年期とは、

閉経前後の約10年程度の期間のこと。

 

日本人女性の平均閉経年齢は50歳前後なので、

45~55歳ぐらいが更年期といわれています。

 

この時期、

女性の卵巣機能は徐々に低下、

ホルモンバランスが崩れることで

いろんな症状が現れます。

 

動悸・めまい・頭痛

そしてホットフラッシュなどですが、

 

更年期の症状はかなり個人差があるようで

自覚症状のない人もいれば、

ぜんぜん感じないという人も。

 

日常生活に支障をきたすほどの症状を

「更年期障害」といいます。

 

更年期のホットフラッシュとは?

更年期のホットフラッシュによる顔汗で化粧が崩れる!正しい制汗剤の選び方とは?

更年期のホットフラッシュって、

いったいなにがどうなって

起きるのでしょう?

 

女性ホルモンのエストロゲンが減少し、

自律神経のバランスが乱れると

血液循環などの働きに影響が出ます。

 

それによって、突然顔が熱くなる、

汗が止まらなくなる「ホットフラッシュ」

と言われる症状が出るそうです。

 

ホットフラッシュは、

更年期障害の代表ともいえる症状。

 

私や私の周りの友人たちも

急に熱くなる、汗が止まらないと

悩んでいます^^;

 

そして、

女性として特に嫌なのが顔汗です。

 

制汗剤の汗対策とは?

更年期のホットフラッシュによる顔汗で化粧が崩れる!正しい制汗剤の選び方とは?

制汗剤の汗対策には、2つあります。

  • 汗腺の出口を塞ぐ。
  • 皮膚表面の雑菌繁殖を抑えニオイの発生を抑える。

 

まず、1つ目の汗対策。

 

制汗剤が汗を抑えるには、

「収れん剤」を用いて、

汗腺の出口を塞いで汗を出にくくする。

 

この対策は、

汗を抑えてくれてありがたいのですが

「収れん剤」で長時間、

汗腺を塞いだ状態にすると

肌に負担をかけるというデメリットがあります。

 

そして、2つめの汗対策。

 

殺菌作用のある成分を用い、

皮膚表面の雑菌繁殖を抑え

ニオイの発生を抑える。

 

制汗剤は主に、この2つの対策が

とられています。

 

制汗剤は、たくさん種類がありますが

どの種類も汗対策としては

この2つの方法を用いています。

 

 

制汗剤の種類は?

更年期のホットフラッシュによる顔汗で化粧が崩れる!正しい制汗剤の選び方とは?

制汗剤はタイプによって、

使用感やメリット・デメリットあります。

スプレータイプ

スプレータイプは、

制汗剤・デオドラント剤を

一気に皮膚に吹き付けることができるので、

ワキや全身のいろんな場所に、

広い範囲で使用するのに便利です。

 

ヒヤッとしたクール感が肌に心地よいもの、

サラサラ感が気持ちいいパウダー配合のものなどがあり、

好みの使用感で選べます。

 

肌に直塗りできるタイプ

肌に直塗りできる制汗剤は、

スティックタイプやロールオンタイプ、

クリームタイプなどがあり、

使用したい箇所に塗布することができます。

 

成分を直接肌に付ける事ができ、

しっかりした効果が期待できるので

ニオイが気になるワキの下や足への使用に向いています。

 

拭き取りシートタイプ

すでに汗をかいている

肌へのケアに適しているのが、

シートタイプです。

 

汗やベタつきを拭き取り、

清涼感をもたらしてくれます。

 

携帯しやすいコンパクトな

ティッシュ型になっているものもあり、

外出先での使用に便利です。

 

ウォータータイプ

手に取って肌に直に使うため、

その液体の爽快感が特徴

 

入浴やシャワー、スポーツの後など

熱くなった体にひんやりした心地よさを実感できます。

 

制汗剤の正しい選び方

更年期のホットフラッシュによる顔汗で化粧が崩れる!正しい制汗剤の選び方とは?

制汗剤は、配合成分や形状によって

特徴がありますので、

汗を抑えたい、ニオイを防止したい、

など自分の目的に合わせて選ぶことが大切です。

 

  • 外出前や人に会う前に使用するなら、肌に直接塗るタイプのものやスプレータイプ。
  • スポーツで汗をかいた後や外出先では、シートタイプ。
  • 起床時や入浴後には、ウォータータイプ。

 

制汗剤にはデメリットも

更年期のホットフラッシュによる顔汗で化粧が崩れる!正しい制汗剤の選び方とは?

汗のケアに便利な制汗剤ですが、

使用方法を誤るとトラブルを招く場合もあります。

 

ニオイを気にするあまり、

強い殺菌作用のあるものや

複数の制汗剤を重複して使用すると、

肌の常在菌の状態が変化し、

逆にニオイを悪化させてしまう

ということがあります。

 

自分に合った制汗剤を、

必要な分量だけ使うことが大切です。

 

また、

気温が高いと汗が出ますが、

本来この汗は体温調節の役割を担っています。

 

制汗剤は、部分的に使用するなら

体温調節に影響する恐れはないようですが、

 

制汗剤で汗腺を塞ぐ範囲が広がれば、

それだけ体に負担をかけることになります。

 

気持ちがいいからと

むやみに範囲を広げて、

不要な部分にまで

使用することは避けた方がいいでしょう。

 

更年期のホットフラッシュ!顔汗の化粧崩れは制汗剤で!

 

更年期のホットフラッシュによる顔汗で化粧が崩れる!正しい制汗剤の選び方とは?

更年期のホットフラッシュによる顔汗には

制汗剤が必要です^^

 

ただし、あたりまえですが

市販で販売されているボディ用を

顔に使用する事はできません^^;

 

そこで、

顔汗に使える肌に優しい制汗剤が

必要です。

 

ちなみに、

私が使っている制汗剤は

薬用の制汗剤です。

 

顔はもちろんのこと、

全身に使えます^^

 

薬用で、有効成分が

フェノールスルフォン酸亜鉛

シメン-5-オールです。

 

あまり聞きなれない成分だと

思いますが、

 

フェノールスルフォン酸亜鉛は、

カンタンに言うと

汗を抑える成分です。

 

従来の制汗成分は

肌に膜を張るというものですが、

 

フェノールスルフォン酸亜鉛は、

毛穴から出る汗に吸着し

汗として流れないようにします。

 

シメン-5-オールは、

カビや微生物などを殺菌、

減少させる成分です。

 

肌への刺激がほぼない

と言われていて、

肌に直接つける商品に

配合しやすい成分です。

 

あと、

アクネ菌の殺菌効果という点で、

ニキビケアの化粧品に

配合されることも多いのです。

 

さらに

シメン-5-オールは、

毛穴を引き締める

収れん作用あります。

 

使い続けていくと

ニキビができにくい肌へ

導くという効果も期待できます。

 

汗をそのままにしていると

肌がかゆくなったり

赤くなったりすることも

ありますので、

殺菌してくれる成分は

必要ですよね^^

 

この制汗剤を使い出して、

顔汗もあまり気にならなくなりました^^

 

使わない時と比べると、

顔のスッキリ感が全然違います。

 

こちらの記事で

実際に私が使ってどうなのか?

詳しく書いています。

 

読んでみて下さい^^
➜更年期のホットフラッシュ!顔汗の化粧崩れは制汗剤で!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人のおすすめ美肌商品レビュー・口コミ!

体の中からキレイになる!おすすめサプリメント!

トライアル化粧品関連記事!

肌別関連記事!

最近の投稿

このページの先頭へ