乾燥しない日焼け止め(顔)の選び方と乾燥させない方法とは?

乾燥しない日焼け止め(顔)の選び方と乾燥させない方法!

乾燥しない日焼け止め(顔)の選び方と乾燥させない方法とは?

あなたの日焼け止めは、

肌を乾燥させているかも!?

 

UVケアのために、

日焼け止めやファンデーションを

塗ることは、

紫外線防止策として

当たり前になっていますが、

その日焼け止め対策、

まちがっているかもしれません!

 

日焼け止めで乾燥を

促進してしまうことが

あるからです。

 

今日は、

「乾燥しない日焼け止めの選び方と乾燥させない方法」

について

書きたいと思います^^

 

そもそも紫外線って肌に悪いの?

乾燥しない日焼け止め(顔)の選び方と乾燥させない方法とは?

紫外線にはA波と、

B波という2種類があります。

 

紫外線B波(UVB)は、

肌に受けると肌は自分を守ろうとして

メラニンという黒い色素が作られるため、

それがシミの原因に

なってしまうんですね^^;

 

また、紫外線A波(UVA)は、

肌の弾力を作る元になるコラーゲンを

破壊してしまうので、

紫外線A波(UVA)を受けた肌は

ハリがなくなり、

水分保持ができなくなります。

 

そして、

この紫外線A波は

一年を通じて地上に

降り注がれているので、

曇っていても、ガラス越しでも

肌の奥まで届き

真皮にダメージを与えます。

 

肌の乾燥や老化を防止するためには、

日々の紫外線対策が

大切になってくるのです^^

 

日焼け止めの配合成分が乾燥を引き起こす!

乾燥しない日焼け止め(顔)の選び方と乾燥させない方法とは?

紫外線対策として、

日焼け止めを塗りますよね。

 

普段から乾燥に悩まされている

乾燥肌の場合、

日焼け止めに配合されている成分が、

乾燥を促進してしまう事があります。

 

肌は紫外線を受けると

乾燥するので、

紫外線対策はとても重要なのですが、

その紫外線対策のせいで、

乾燥を進めてしまっては

元も子もありません^^;

 

「紫外線吸収剤」「紫外線散乱剤」の配合商品が危ない!?

乾燥しない日焼け止め(顔)の選び方と乾燥させない方法とは?

世に出回っている

多くの日焼け止めには、

紫外線を吸収して放出させたり、

反射させたりする、

「紫外線吸収剤」

「紫外線散乱剤」

という成分が配合されています。

 

この成分は、

紫外線対策には必須なのですが

肌へ負担がかかります。

 

紫外線吸収剤は、

肌荒れの原因になるといわれていて、

 

紫外線散乱剤は、

肌の乾燥を引き起こす

といわれているのです。

 

「SPF」や「PA」ってよくわからない!なにを基準に選ぶの?

乾燥しない日焼け止め(顔)の選び方と乾燥させない方法とは?

日焼け止めに記載されている

「SPF」「PA」は、

紫外線をどれだけ

カットしてくれるかの指標です。

 

紫外線A波を防ぐ「PA」は+の数で

表示されています。

 

「SPF」や「PA」の値が

大きいものほど長時間、

紫外線をカットしてくれますが、

肌への負担もそれだけ大きくなります。

 

PA SPF
日常 PA+,PA++ 15~30
海などのレジャー PA+++,PA++++ 30~50

 

肌の負担を少なくするためには、

「PA+」や「PA++」で

SPF値は15~30程度、

 

海やプールなど、屋外のレジャーでは

「PA+++」や「PA++++」で

SPF値は30~50程度のものを

基準に選んでくださいね^^

 

その日の予定に合わせて

日焼け止めは選ぶことが

肌ケアになります。

 

乾燥肌の人は特に注意!日焼け止めの選び方と使い方

乾燥しない日焼け止め(顔)の選び方と乾燥させない方法とは?

 

紫外線吸収剤不使用(ノンケミカルタイプ)がおすすめ!

乾燥しない日焼け止め(顔)の選び方と乾燥させない方法とは?

日焼け止めの肌への負担

が気になる方は、

紫外線吸収剤不使用(ノンケミカルタイプ)

の使用をおすすめします。

 

無添加で、

石けんで落とせるタイプなら

なお安心です^^

 

それから、

日焼け止めを塗って

乾燥が気になる場合は、

保湿効果のある成分配合の

日焼け止めを選ぶといいですね。

 

乾燥肌の方は特に、

配合されている成分

しっかり確認して

選ぶ事をおすすめします。

 

肌に優しくて

UVカット効果の高いものや、

保湿性もある日焼け止めも

最近は増えています。

 

日焼け止めを落とすためのクレンジングが肌にダメージを与える!?

乾燥しない日焼け止め(顔)の選び方と乾燥させない方法とは?

もう一点、

注意しなければいけない

ことがあります。

 

日焼け止めを落とすための

クレンジング剤が

肌の乾燥を起こすことがあります。

 

日焼け止めをキレイに落としたい

という気持ちから

強いクレンジング剤を使う、

もしくは、

ゴシゴシこすることで、

皮脂膜や角質層の細胞間脂質、

天然保湿因子(NMF)

などの肌が本来持っている

保湿成分まで

洗い流してしまう恐れがあります。

 

乾燥肌は、

肌のこすり過ぎや洗顔のし過ぎ

が原因となることが多いのです。

 

肌が持つバリア機能を

取りすぎないよう、

日焼け止めを落とす事も

考えて日焼け止めを選んで下さい^^

 

日焼け止めを塗る前の保湿ケアとは?

乾燥しない日焼け止め(顔)の選び方と乾燥させない方法とは?

日焼け止めを塗る前ですが、

しっかり保湿ケアを

行うことが大切です。

 

その際、

まず基礎化粧品で保湿ケアをして、

5分以上経過してから

日焼け止めを塗ることを

おすすめします。

 

そうすることで

基礎化粧品が

肌にしっかりと馴染んで、

肌を整えることができます。

 

日焼け止めを塗っても、

肌の乾燥はさほど

気にならなくなります^^

 

PS.

今日は、

肌を乾燥させない日焼け止め

について書きましたが、

 

肌を乾燥させない

保湿成分として

ローヤルゼリー、

 

そして、

肌に負担のかかりにくい

ノンケミカル、

 

さらに、

通常の洗顔で落とす事が可能、

無添加で幼児にも使える

日焼け止めがあります。

 

こちらの記事で

詳しく書いています。

 

読んでみて下さい^^

乾燥しない日焼け止め!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人のおすすめ美肌商品レビュー・口コミ!

体の中からキレイになる!おすすめサプリメント!

トライアル化粧品関連記事!

肌別関連記事!

最近の投稿

このページの先頭へ