敏感肌の日焼け止め!敏感肌を悪化させないために注意するべき事とは?

敏感肌の日焼け止め!注意するべき選び方

敏感肌の日焼け止め!敏感肌を悪化させないために注意するべき事とは?

敏感肌でも使える、

肌にやさしい日焼け止めとは、

肌への刺激が少ないものです。

 

敏感肌は

どのような日焼け止めを

選べばいいのか?

 

その種類と、

選ぶ際の注意点を

書いてみたいと

思います^^

 

敏感肌の日焼け止め対策と選び方

敏感肌の日焼け止め!敏感肌を悪化させないために注意するべき事とは?

敏感肌を改善するために

最も注意するべきポイントは、

肌に刺激を与えないことです。

 

ですので、

日焼け止めも肌への刺激が少ないものを

選ぶ必要があります。

 

一般的に刺激が少ないと言われているものは、

 

  • 無香料・無着色で低刺激のもの
  • お湯や石けんだけで落とせるもの
  • 紫外線吸収剤を使用していないもの(ノンケミカル)

 

特に、

低刺激であることと、

お湯・石けんだけで落とせる

という点は、

敏感肌の人が日焼け止めを

選ぶ際に、

しっかり押さえてほしい

ポイントです。

 

3つ目の「紫外線吸収剤」

を使用していないもの(ノンケミカル)

についてですが、

「紫外線吸収剤」は

なぜ使用NGだと思いますか?

 

日焼け止めで紫外線カット!肌への影響は?

敏感肌の日焼け止め!敏感肌を悪化させないために注意するべき事とは?

日焼け止めで

紫外線をカットする方法は、

 

「紫外線吸収剤(ケミカル)」

「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」

のどちらかになります。

 

紫外線吸収剤(ケミカル)

紫外線を吸収し、

それを化学反応させることで

肌内部に入り込むのを防ぐものです。

 

透明で白浮きしない、

テクスチャーがサラサラ、

汗で崩れにくいという

特徴がありますが、

肌に吸収されるので

敏感肌の場合は

刺激を感じることがあります。

 

紫外線散乱剤(ノンケミカル)

粘土や金属を粉状にしたものを使い、

肌表面で紫外線を

反射(散乱)させるものです。

 

肌に吸収されることがないので、

刺激が少ないといわれています。

 

一般的に白浮きしやすい、

テクスチャーがベタベタする、

汗で崩れやすいといわれています。

 

また、紫外線カット力は、

紫外線吸収剤より弱い

ともいわれています。

 

主な成分には、

酸化チタン、酸化亜鉛、

などがあります。

 

紫外線吸収剤は肌に刺激がある!?

敏感肌の日焼け止め!敏感肌を悪化させないために注意するべき事とは?

紫外線吸収剤は、

化学反応の影響によって

刺激を感じやすいので、

敏感肌には向かない

いわれてきました。

 

近年では、

紫外線吸収剤をカプセルでコーティング、

直接、肌に触れないようにする

技術も開発されています。

 

ですので、

「紫外線吸収剤は肌に刺激がある!」と、

一概には言えません。

 

紫外線散乱剤は肌にやさしいってホント?

敏感肌の日焼け止め!敏感肌を悪化させないために注意するべき事とは?

紫外線吸収剤と違って、

紫外線を肌へ吸収させないことから、

肌にやさしいといわれてきた紫外線散乱剤。

 

最近では、

白浮きやベタつき、

紫外線カット力などのマイナス面を

改善して

逆に、体への悪影響がないのか?

という疑問が出てきています。

 

従来、低かったSPF値を高め

肌へのなじみをよくするために

ナノ化した粒子が、

体内に入る恐れがあるのでは?

という心配も。

 

これは、

溶けない金属が体内に

蓄積するということはないのか?

とも考えられています。

 

心配すると、

きりがないとも言えますが、

注意が必要かもしれません。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤。

どちらがより敏感肌に

適しているのかは

一概には言えません。

 

紫外線吸収剤でも

肌への刺激がない人もいれば、

紫外線散乱剤でも

肌荒れを起こす人がいるのも

現実なのです。

 

化粧品と一緒で、

日焼け止めも自分の肌に合ったものを

選ぶことが重要ですね^^

 

結局、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤どっちがいいの?

敏感肌の日焼け止め!敏感肌を悪化させないために注意するべき事とは?

敏感肌は、

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤、

どっちを選べばいいのか?

 

わからなくなりますよね^^;

 

ただ、現時点では、

やはり紫外線散乱剤(ノンケミカル)を

選ぶのが無難ではないかと

私は考えます。

 

肌に吸収してしまう紫外線吸収剤は、

商品によってカプセル化されているものや、

コーティングされているものも

増えては来ているようですが、

 

紫外線吸収剤の肌への影響は、

計り知れません。

 

紫外線散乱剤を含む、

日焼け止めも様々ですが、

 

その中でも、

紫外線散乱剤はその配合量で

肌への刺激を少しでも少なくできます。

 

そんな日焼け止めが

あるのか?

 

紫外線防止もでき、

紫外線散乱剤の配合量が

少ない日焼け止めが

実は、あるんです^^

 

こちらの記事で

詳しく書いています。

読んでみて下さい^^

 

紫外線防止と紫外線散乱剤の配合量が少ない日焼け止めレビュー!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人のおすすめ美肌商品レビュー・口コミ!

体の中からキレイになる!おすすめサプリメント!

トライアル化粧品関連記事!

肌別関連記事!

最近の投稿

このページの先頭へ