紫外線A波(PA)から肌老化を防ぐ方法!

紫外線A派(PA)から肌老化を防ぐには?

紫外線A波(PA)から肌老化を防ぐ方法!

紫外線を防止するものは、

必ずと言っていいほど

A派(PA+++)、B派(SPF35)

このように記載されています。

 

日焼け止め、化粧下地、

ファンデーション、

などですが、

 

ちょっと、

わかりにくいですよね^^;

 

今日は、

この紫外線からの肌への影響、

そして、

肌に負担をかけずに

紫外線を防止!

 

肌老化させない紫外線防止策を

書きたいと思います^^

 

紫外線って肌に悪いの?

紫外線A波(PA)から肌老化を防ぐ方法!

太陽光(紫外線を含む)は、

植物の光合成や

多くの生物の生体リズムを整える、

神経や筋肉の緊張をほぐすなど、

生命体が生きていくのに

必要な存在です。

 

太陽光は確かに必要です。

 

そこに含まれる紫外線は

悪い影響ばかりかというと、

実はそうではありません。

 

紫外線は、

オゾン層を破壊しますが、

オゾン層の生成には

欠かせません。

 

ちょっとわかりにくいのですが、

一長一短という事ですね^^;

 

また、

人の体内でビタミンDを生成する

にも紫外線が必要で、

一日15分程度の日光浴は

推奨されているのです。

 

ただし、

紫外線は肌荒れやシミ、

肌老化を加速させる、

眼障害の原因、免疫力の低下、

遺伝子DNAを傷つけ

皮膚がんを誘発するなど、

悪影響を及ぼします。

 

特に、

肌の老化を促す原因の約9割は

紫外線と言われるほど、

紫外線の影響大なのです。

 

紫外線には3種類ある

紫外線A波(PA)から肌老化を防ぐ方法!

太陽光には、

目に見える可視光線、

暖かいと感じる赤外線、

目に見えない、

感じることもできない

紫外線が含まれています。

 

紫外線の占める割合は、

そのうち6%で、

 

  • 波長の長いUV-A(315~400nm)5.8%
  • 波長の短いUV-B(280~315nm)0.2%
  • UV-C オゾン層に吸収され地上へは到達不可。影響力はほぼない。

 

この3種類となります。

 

肌への影響力が最も大きく、

注意が必要となるのがUV-A

年間を通じて照射されています。

 

ガラスなどでの遮断はまず不可能で、

照射されると真皮まで到達し、

肌老化の原因となります。

 

UV-Bは、夏場に照射量が増え、

ガラスなどでの遮断が可能です。

 

肌にあたると日焼けやシミ、

ソバカスの原因となりますが、

UV-A程の脅威は無いという事です。

 

肌老化はこうして起きる!

紫外線A波(PA)から肌老化を防ぐ方法!

紫外線、

特にUV-Aによる肌老化は、

どのようにして起きるのか?

 

肌老化とは、

真皮の中に存在するコラーゲン、

エラスチン繊維を

生成する繊維芽細胞が

キズつけられる、

また、失われること

によってハリや弾力が低下、

肌にシワやたるみが現れ、

肌細胞が老化する現象です。

 

そして、

肌老化の原因のなんと9割が紫外線、

残り1割が加齢による

自然な老化現象

と考えられています。

 

紫外線の肌への影響が

怖いところは、

目に見えて確認できる

日焼けや皮膚炎(急性傷害)

などのほか、

長年浴びた紫外線が蓄積されて

何十年後に現れる

シミ、シワ、皮膚がん(慢性傷害)

などの肌老化があることです。

 

肌は、紫外線を浴びると

遺伝子DNAを守るために

メラニン色素を生成。

 

日焼けなど目に見え形で現れる

ものだけではなく、

一度浴びた紫外線の量は

後から取り消すことができず、

蓄積されてしまいます。

 

ですので、

幼い頃からの紫外線対策が、

数十年後の肌老化に

かなりの影響を及ぼす

ということになるのです。

 

紫外線A派(PA)から肌老化を防ぐには?

紫外線A波(PA)から肌老化を防ぐ方法!

 

そこで、

紫外線A派から肌老化を防ぐために

日焼け止めが必要になってきます。

 

特に女性の場合は、

美肌でいたいものです^^

 

シミやしわが現れると

一気に老けてしまいます。

 

確かに、

現在の年齢までに

蓄積された紫外線はあります。

 

蓄積された紫外線については、

無かった事には出来ません^^;

 

できる事は、

現在、シミやシワが

肌に現れている場合は、

エイジングケアを

行うこと。

 

ですが、

生きている限り

これからも紫外線は

浴び続けなければ

ならないのです^^;

 

肌にできる限り

負担をかけず、

しっかり紫外線防止は

行うことがこれから先の肌を

守ることになります^^

 

そして、

紫外線防止対策として、

 

A派B派どちらとも

防止できるものが主流ですが、

 

強力に防止したいとなると

SPA50、PA+++

選びたくなりますよね。

 

確かに

強力に防止はできますが、

その分、

肌へ負担をかけている

ということを忘れては

ならないのです。

 

例えば、

海や山へ行くなどアウトドア、

外でのスポーツをする際は

強力な紫外線防止は必要です。

 

ですが、

日々の生活でさほど外出時間が

長くない場合は、

そこまで強力な紫外線防止は

必要ありません。

 

なぜSPF30やSPF50などの

種類があるのか?

 

考えれば、

答えは出ると思います。

 

「TPOに合わせて選んで下さい。」

ということですね^^

 

肌への負担を考えても、

適切なUVケアで

肌への負担を軽減しながらの

紫外線防止対策を

おすすめします^^

 

そこで、現在、

私が紫外線防止対策として

毎日、使っている

ベースメイクをご紹介します。

 

どんなベースメイクかというと、

 

  • 肌に負担をかけない紫外線防止 SPF35(B派)
  • しっかり紫外線防止 PA+++(A派)
  • ヒト型セラミド・ヒト型コラーゲン配合(肌への刺激が少ない、ヒト型による高い効果)
  • 紫外線吸収剤、紫外線散乱剤に含まれる酸化チタンをコーティング(酸化させない)

 

スキンケアと紫外線防止が

同時に行える

ベースメイクなんです。

 

こちらの記事で

詳しく書いています。

 

読んでみて下さい^^

紫外線A派をしっかり防止!酸化させないスキンケアベースメイク!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人のおすすめ美肌商品レビュー・口コミ!

体の中からキレイになる!おすすめサプリメント!

トライアル化粧品関連記事!

肌別関連記事!

最近の投稿

このページの先頭へ