紫外線の肌ダメージの原因は?老化させない日焼け止めとは!?

紫外線による肌ダメージ!老化させない日焼け止めでUVケア!

紫外線の肌ダメージの原因は?老化させない日焼け止めとは!?

これからの季節、

特に肌ダメージとして

気になるのが紫外線です。

 

エイジングケアを

どれだけしていても、

紫外線を浴びていては

元も子もないですからね^^;

 

今日は、

紫外線による肌ダメージとは

どういう事なのか?

 

そして、

その解決策として

紫外線を防ぐ日焼け止めについて

書きたいと思います^^

 

アッ!

ただ、紫外線を防ぐ

だけじゃありませんよ^^!

 

その答えは、後ほど…。

 

今さらですが、紫外線って?

紫外線の肌ダメージの原因は?老化させない日焼け止めとは!?

紫外線って一体なに?

って思いませんか?

 

もともと紫外線は、

太陽光の中でも波長の短い光線のこと

紫外線と言います。

 

可視光線の中で、

一番、波長の短いものが

紫色なのです。

 

その紫色の外側の光線ということで、

紫外線と言われています。

 

そして、紫外線は、

3つに分類する事ができます。

 

波長の長い方から、

UV-A、UV-B、UV-C

となります。

 

A~Cの順番で

人体への害が大きくなるのですが、

Cは地表まで到達しないので、

 

一般的には紫外線といわれるのは、

UV-AとUV-Bのことだと

思って頂いて大丈夫です^^

 

それから、

日焼けの原因と言われているのが、

UV-B。

 

色素沈着してしまう原因

となるのがUV-Aなのです。

 

紫外線が悪と言われるのには理由がある!

紫外線の肌ダメージの原因は?老化させない日焼け止めとは!?

そもそも紫外線は、

なぜ悪だと言われるのか

ご存じですか?

 

実は、紫外線は、

私達、女性のアンチエイジングの

邪魔をするものなんです。

 

紫外線を浴びる事によって、

シミやシワなどの

肌トラブルの原因となる、

 

それだけではなく、

白内障や皮膚ガンのような

重篤な病気まで招いてしまう

可能性があります。

 

 

そして、

その紫外線による

肌へのダメージには、

活性酸素の存在が

大きく関係しています。

 

紫外線が及ぼす悪は活性酸素!

紫外線の肌ダメージの原因は?老化させない日焼け止めとは!?

皮膚で活性酸素が発生すると、

皮膚の脂質が酸化します。

 

脂質が酸化してしまうと、

シミを生み出す過酸化脂質が

作りだされ、

 

それと共に、

コラーゲンや線維組織なども酸化、

みずみずしい肌が失われ、

シワの元となります。

 

特に、

真夏の炎天下などで

強烈な紫外線を浴びてしまうと、

強力な活性酸素を

発生させてしまうのです。

 

増加した活性酸素が肌を老化へと導く

紫外線の肌ダメージの原因は?老化させない日焼け止めとは!?

活性酸素とは、

酸化力が強力な酸素

のことをいいます。

 

もともとは外部の刺激から

体細胞を守るためのもの。

 

人間にとっては

必要なものなのです。

 

ただ、防衛力が強すぎるので、

増加し過ぎると細胞を

キズつけることがあります。

 

紫外線は、人体にとって

有害な物質を

たくさん含んでいる光線。

 

ですので、

紫外線を皮膚に浴びると、

その紫外線の害から

肌細胞を守ろうとして

大量の活性酸素が

発生します。

 

だから、

活性酸素の作用で

肌細胞は酸化させられる

ことになってしまうんですね^^;

 

細胞にとっての酸化は、

老化です!

 

紫外線で肌が老化する

と言われるのは、

活性酸素が大量に作られて

酸化させられる

という事なのです。

 

活性酸素は肌へどんな影響を及ぼすのか?

紫外線の肌ダメージの原因は?老化させない日焼け止めとは!?

シミを作り出す

活性酸素による肌への悪影響は、

まずシミです。

 

一度できるとカンタンに消えない、

さらに、目立つシミは

美肌を望む女性にとっては脅威です。

 

シミができてしまうのは、

人間が持っている

自己防衛本能。

 

肌が黒くなるのは、

とてもイヤなのですが

それにも理由があります。

 

活性酸素による

皮膚のダメージを

メラニンが皮膚を黒くすることで

代わりに

引き受けてくれているからです。

 

 

うるおいとハリがなくなる

活性酸素の肌への悪影響で

もうひとつ、気になるもの。

それは、シワです。

 

シワも活性酸素の影響で

作られるもの。

 

活性酸素が増加すると、

コラーゲンやエラスチン

なども酸化します。

 

酸化すると、

もともとの性質が変化し、

みずみずしい肌にある弾力が

失われます。

 

ハリが無くなるのと同時に

うるおいもなくなりますので、

シワができやすくなる

というわけです。

 

また、

コラーゲンが破壊されると

肌荒れや炎症の原因にもなります。

 

UVケアをすることが活性酸素を減少させる!

紫外線の肌ダメージの原因は?老化させない日焼け止めとは!?

紫外線は、

常に地上に注がれているもの。

 

完全にシャットアウトすることは、

まず不可能でしょう。

 

でも、だからといって

放置するわけにも

いかないですよね^^;

 

まずは、

日頃からUVケアをすることで、

紫外線の影響で作られる

活性酸素の量を

減らすことが大切です。

紫外線が及ぼす活性酸素をさらに日焼け止めでも起こさないために!?

50代におすすめのクリームファンデーション!その理由と効果とは?

少し、

ややこしい見出しですが^^;

 

これは、

紫外線の影響で、

活性酸素が増加してしまう。

 

その活性酸素を

増やさないために、

紫外線防止策として

UVケアをするという事なのですが、

 

そのUVケアによって

酸化させては意味がない!

という事なのです。

 

UVケアで酸化!?

 

そうなんです。

 

化粧品は、時間の経過と共に

酸化します。

 

女優さんやモデルさんたちが、

お仕事が終わると

すぐにスッピンになるという事を

聞いた事がありませんか?

 

ファンデーションなどで

キレイにメイクをしても

その後、長い時間メイクをしっぱなしだと

肌に負担がかかる。

 

そのメイクが、

時間と共に酸化するからなんです。

 

それなら、

酸化させなければいい^^

 

酸化させたくないから、

化粧をしないでは

紫外線を防止できません。

 

紫外線は必ず、

防止しないといけません!

 

しかし、

紫外線を防止する際に

含まれる成分として、

紫外線吸収剤、

紫外線散乱剤というものが

ありますが、

 

紫外線吸収剤、紫外線散乱剤には、

酸化チタンが含まれるのです。

 

この酸化チタンですが、

肌に悪さをします^^;

 

この酸化チタンは、

紫外線を受けると

活性酸素を発生させる

言われているのです。

 

(手持ちのファンデーションなどの成分を、確認してみて下さい。

大抵は、酸化チタンが含まれていると思います。)

 

この酸化チタンを水酸化AIによって

特殊コーティングし、

活性酸素の発生を抑え、

肌へ酸化物が直接触れないように

考えられたファンデーション

(UV・化粧下地・コントロールカラーなど)

というものがあります。

 

私が、現在愛用しているものです^^

 

こちらの記事で

詳しく解説しています。

読んでみて下さい^^

 

無酸化発想のUVケア&ファンデーション

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

管理人のおすすめ美肌商品レビュー・口コミ!

体の中からキレイになる!おすすめサプリメント!

トライアル化粧品関連記事!

肌別関連記事!

最近の投稿

このページの先頭へ